【受付時間】10:00〜19:00 (日曜日 定休)
キャンペーン情報

メルセデスベンツG63AMGのメンテナンス作業紹介!

 
G63AMG
この記事を書いている人 - WRITER -

横浜市のメルセデスベンツG63 AMGが入庫しました

ゲレンデG63

ちょうど一年前に新車で購入し、コーティング施工をしました。

 

屋外保管で、水洗い洗車はしているものの水アカが取れないとのことでメンテナンスさせていただきました。

 

このG63、純正マット塗装で、通常のお車とは塗装が異なるために、そう簡単には水アカが落とすことができません。

 

マット塗装(艶消し塗装)と言われる塗装は、あえて艶が出ないように、表面を凸凹させている塗装になります。

 

この塗装表面の凸凹を無くしてしまうと光が乱反射せずに艶が出てしまうため、塗装下地を整える研磨機(ポリッシャー)を使うことができないのです。

 

 

 

 

そこで今回、全身びっしりと水アカだらけになってしまったG63をスッキリさせるメンテナンス作業に取りかかります。

 

マット塗装の悩み

マット塗装を所有した人だけが感じる悩みは「汚れがつきやすく、しかも落としにくい」ところ。

 

マット塗装は、塗装表面がザラザラしていて、凹凸があるのでどうしても汚れが詰まりやすい。

大気中の砂埃や、大気中の排気ガスの塵などが凹凸の目の中に入り込んで取りにくいんですね。

 

しかも、手垢(油分)もつきやすく、ボンネットやドアを触ると指の跡がしっかり残ってしまいます。

 

マット塗装の車のオーナーは、マメに洗車ができる人でないと中々厳しい部分があります。

 

マット塗装の汚れ落とし

付いてしまった汚れはどうしたら良いのでしょうか。

結論から申し上げますと“汚れに合わせたケミカルを使う”ことになります。

 

通常の塗装ですと、薄い傷や頑固な水アカはコンパウンド(研磨剤)を使って簡単に落とすことができます。

 

しかし、マット塗装は「コンパウンドが使えない」のです。

 

強い力で塗装面を擦って汚れを落とそうとすると、その部分だけ艶がでてしまい、塗装面にムラができてしまいます。

 

また、コンパウンドを使ってしまうと、塗装表演の凹凸が消えてマット感が無くなり、これもまた艶が出てしまう原因となります。

 

コンパウンドを使ったところだけ普通の塗装のようにツヤツヤになってしまいますのであの柔らかな薄っすらとしたやさしい輝きが無くなってしまうのです。

 

メルセデスベンツG63AMGの汚れ具合

G63AMG

左フロントフェンダー部分。縦に何本も黒いシミ(水アカ)が付いています。

 

拡大すると・・・

G63AMG

G63AMG

 

右リヤからの写真はコチラ。

G63AMG

G63AMG

ガソリンの給油口付近のアップ写真。

無数の水アカがついています。

 

AMGのエンブレム付近を撮影。左リヤの写真です。

G63AMG

G63AMG

 

コチラは左リヤフェンダー付近。

G63AMG

 

全身に水アカがついていて、結構大変な作業になりそうです。

G63AMG

G63AMG

G63AMG

早速、シミの除去作業に取り掛かります。

汚れの種類は単純に1種類ではなく、様々な汚れが絡み合い、複雑な汚れになります。

使うケミカルも、酸性やアルカリ性などの種類を組み合わせながら汚れを除去していきます。

 

ただし、注意が必要で、様々なケミカルを組み合わせても落とせない汚れがありますので、その時は深追いは禁物です。塗装を傷めてまで汚れを落とすことは本末転倒だと思いますので。

 

マット塗装の凸凹を無くさずに、汚れを除去しなければなりませんので、慎重に作業を進めます。

 

メンテナンス前と後の写真

【メンテナンス前の左フロントフェンダー】

G63AMG

【メンテナンス後】

G63AMG

 

【左リヤフェンダーエンブレム付近】

G63AMG

 

【メンテナンス後】G63AMG

 

【左リヤフェンダーアップ写真】

G63AMG

【メンテンナス後】

G63AMG

 

【右フロントウインカー付近】

G63AMG

【メンテナンス後】

G63AMG

 

【フロントグリル部分】

G63AMG

【メンテナンス後】

G63AMG

 

【給油口付近】

G63AMG

【メンテナンス後】

G63AMG

 

取れきれない汚れやシミが有りましたが、スッキリ綺麗になりました。

 

メンテナンス完了!

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMGはパナメリカーナグリルでノーマルのGクラスより迫力があります。

バンパーの網目部分の汚れも、しっかり除去しました。

 

G63AMG

ブレーキキャリパーの赤色はAMGのパワーをしっかり受け止める高性能なブレーキの証。

AMGロゴも入っています。

 

G63AMG

すみません。半ドアでした。

気密性の高い車ですので、ある程度の力を入れて閉めないと半ドアになってしまいます。

さすがGクラス。ボディー剛性も高く、骨太な感じがします。

 

G63AMG

G63AMG

 

G63AMG

G63AMG

 

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

 

室内を見てみますと、室内ミラーの根元にはブルメスターサウンドシステムのスピーカー。

G63AMG

G63AMG

ダッシュボードの上にもスピーカー。

G63AMG

助手席ドアの内張りの写真。

G63AMG

G63AMG

リヤドアの内張り。

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

ハンドルも握りが太く、AMGロゴ入りで高級感が感じられます。

 

G63AMG

G63AMG

マフラーエンド。マフラー音をお聞かせできないのが残念です。

 

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

 

Bピラーの下のほうにGクラスのイラスト入りのエンブレムがありました。

オフロードの高い走破性を意味するエンブレムだそうです。

G63AMG

 

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

 

まとめ

このたびは横浜市よりご入庫くださいまして誠にありがとうございました。

お困りの際はお気軽にご相談下さい。引き続きよろしくお願いします!

 

マット塗装は高級感も感じられますし、存在感も迫力もあります。これからますますマット塗装の車が増えると思いますが、そんなにビビらなくても大丈夫です。

 

手入れがしにくく、コーティングが難しい塗装ですが、だからこそ価値があると思いますし、しっかりメンテナンスすることで、他の車との差別化ができます。

 

マット塗装にはマメな洗車と汚れに合わせたケミカルを使用することで塗装表面を綺麗にすることができます。

汚れに無防備な塗装だけの状態ではなく、予めコーティングをして汚れをつきにくくし、洗車をしやすくしておきましょう。

そうすることでマット塗装の良さを長期間楽しむことができます。

 

弊店は、マット塗装専用のコーティングを施工します。そして、1年ごとの施工をおススメしております。

お車の綺麗に関するお問い合わせはブランズまでお問い合わせください。

マット塗装のコーティングには自信があります。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です