【受付時間】10:00〜19:00 (日曜日 定休)
キャンペーン情報

マット塗装のG63AMG コーティング施工の紹介【千葉県】

 
G63AMG
この記事を書いている人 - WRITER -

マット塗装(艶消し塗装)のメルセデスベンツG63AMG

千葉県よりメルセデスベンツG63AMGがご入庫いたしました。

限定モデルのマット塗装のお車になります。

 

伺うところによると、新車購入時より塗装のシミが気になっていたようで、今回弊社にお問い合わせいただきました。

 

まずは実車を拝見させていただき、塗装の状態を確認させていただきました。

 

 

メルセデスベンツG63AMGのコンディション

積載車でお引き取りに伺い、お車を拝見させていただきました。

 

砂埃や雨の跡が残っているものの、コーティング施工前の下地処理で落とせるシミや汚れが多かったのですが、所々に「取れないシミ・汚れ」が付着しておりました。

G63AMG

 

マット塗装の特性上、研磨機(ポリッシャー)が使用できない為、「取れるシミ・汚れ」「取れないシミ・汚れ」があるのも事実。

 

例えば、、、

写真だとわかりにくいですが、明らかに周りの塗装色に比べて色が濃くなってしまっているような「ムラ」のようなもの。

マットG63

 

窓枠の下に伸びる油シミのような「ツヤのある汚れ」

マットG63

結論から申し上げますと、これらのシミ・汚れは「取れません」。

コーティング専門店でありながらお恥ずかしい話ですが、取れないのです。

 

コーティング専門店は、塗装表面のミクロン単位の部分でしか勝負できません。塗装が侵されていたり、変化している場合は太刀打ちできません。

その場合は、鈑金屋さんの出番となります。

もしくは、ラッピングで塗装を覆ってしまうか。

 

何でも「綺麗になります!」と言いたい所ですが残念ながら「取れないシミ・汚れ」はマット塗装の場合あり得るのです。

 

その他には、今回のお車ではありませんが、コンパウンドで磨かれた部分(磨かれることによって塗装表面が変化したもの)や、何らかの液剤等で塗装表面が変化してしまったものに関しては、弊社の力を持ってしてもリカバリーできないのが現状です。

 

塗装表面が変化し、取れなくなってしまう前に対策しておけば良いのですが、弊社に持ち込まれる車の大半が「何かしら手をかけた状態」で入庫してきますので、リカバリーできない場合も多く、悔しい思いをしております。

 

今回、千葉県からのご用命で且つ、お客様の「お車をキレイに維持したいお気持ち」に応えるべく、弊社にご依頼されたからには以下の3点を実施させていただきます。

  • 取り除けるシミや汚れは徹底除去
  • 汚れが付きにくく、落としやすいコーティングで塗装を保護
  • 現状の取れないシミを成長させないようにする措置</li
>

 

 

 

マット塗装って普通の塗装と違うの?

このG63AMG、純正マット塗装で、通常のお車とは塗装が異なるために、そう簡単には水アカが落とすことができません。

 

マット塗装(艶消し塗装)と言われる塗装は、あえて艶が出ないように、表面を凸凹させている塗装になります。

 

凹凸の塗装表面に当たった光が乱反射して「しっとりとしたツヤ」や「艶無し」と言われるマットな質感が表現されるのです。

 

一方で、この塗装表面の凸凹を無くしてしまうと光が乱反射せずに艶が出てしまうため、塗装下地を整える研磨機(ポリッシャー)を使うことができないのです。

 

 

参考→艶消し塗装・マット塗装のお手入れ・カーコーティング

 

 

マット塗装の悩み

マット塗装を所有した人だけが感じる悩みは「汚れがつきやすく、しかも落としにくい」ところ。

 

マット塗装は、塗装表面がザラザラしていて、凹凸があるのでどうしても汚れが詰まりやすいんです。

大気中の砂埃や、大気中の排気ガスの塵などが凹凸の目の中に入り込んで取りにくいんですね。

しかも、手垢(油分)もつきやすく、ボンネットやドアを触ると指の跡がしっかり残ってしまいます。

指の跡

マット塗装の車のオーナーは、マメに洗車ができる人でないと中々厳しい部分があります。

 

 

マット塗装の汚れ落とし

付いてしまった汚れはどうしたら良いのでしょうか。

結論から申し上げますと“汚れに合わせたケミカルを使う”ことになります。

 

通常の塗装ですと、薄い傷や頑固な水アカはコンパウンド(研磨剤)を使って簡単に落とすことができます。

 

しかし、マット塗装は「コンパウンドが使えない」のです。

強い力で塗装面を擦って汚れを落とそうとすると、その部分だけ艶がでてしまい、塗装面にムラができてしまいます。

 

また、コンパウンドを使ってしまうと、塗装表演の凹凸が消えてマット感が無くなり、これもまた艶が出てしまう原因となります。

 

コンパウンドを使ったところだけ普通の塗装のようにツヤツヤになってしまいますのであの柔らかな薄っすらとしたやさしい輝きが無くなってしまうのです。

 

コーティング施工完了!

G63AMG

しっとりとしたツヤ。これぞマットの輝きです。

g63

g63

G63amg

g63amg

g63

g63

g63

g63amg

g63

g63

マット塗装でない場所はいつも通り研磨機(ポリッシャー)を使い下地を整えます。

g63

 

 

お預かりした時のサイドエンブレム周りは水アカのようなものが付いていて、ポツポツと油が飛んだような汚れが付着しておりました。

G63

専用ケミカルでしっかり汚れを落として、スッキリとしっとりと仕上げました。

g63

g63

 

角度を変えてみても「取れるシミ・汚れ」は当然のことながら除去できています。

g63

g63

g63

g63

g63

 

先ほど、「取れないシミ・汚れ」でご紹介した部分。光ったような縦に伸びたシミ。

マットG63

若干薄くなったものの、完全に除去することができませんでした。

g63

g63

g63

g63

g63

g63

g63

g63

リヤゲートを開けた写真。

g63

トランクボードが設置されていました。

Gクラスオーナーに人気の高い「トランクラゲッジボード」は弊社でも人気のある商品です。

 

 

 

 

サイドステップからのぞくマフラーエンド。この部分はピカピカに輝いていないといけません。

g63

g63

運転席ドアをあけたところのイルミネーションステップ。

AMGのロゴが輝きます。

g63

g63

g63

ドアを開けたところの車体側のピラーにGクラスのエンブレムが貼られています。

高い走破性を示しています。

g63

 

マット塗装の目指すべき輝きはこの写真のような輝きです。

しっとりとした深みのある輝き。

g63

 

 

このたびは千葉県よりご入庫くださいまして誠に有難うございました。

数ある施工専門店から弊店をお選びいただき重ねて御礼申し上げます!

 

仕上がりはいかがでしたでしょうか。

マット塗装にコーティング施工することで、艶消し感をそのままに、塗装をしっかり保護します。

 

なお、弊店の最大の売りである「定期メンテナンス無料」の付帯が残念ながらできませんので、定期的な再施工をおすすめしております。(塗装コンディションを見ながら再施工のタイミングを計っていきましょう)

 

ご不明な点や、ご使用になられて不安な点などがございましたらお気軽にお問い合わせください。

今後ともどうぞよろしくおねがいします。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です