【受付時間】10:00〜19:00 (日曜日 定休)
キャンペーン情報

エディションマットブラックのG63AMG コーティング施工の紹介【横浜市】

 
G63AMG
この記事を書いている人 - WRITER -

マット塗装のG63AMGのコーティング施工!

横浜市よりメルセデスベンツG63AMGがご入庫いたしました。

限定モデルのマット塗装のお車になります。

「デジーノマグノナイト」のボディカラーで、AMGのナイトパッケージが装備されています。
圧倒的な存在感のあるG63AMG。その中でも「エディションマットブラック」は、随所に限定車ならでわのこだわりを感じさせる1台で、市場においても希少且つ人気のため中々手に入らない車になっています。

 

そんなエディションマットブラックのG63AMGをコーティング施工することとなり光栄でございます。「マット塗装専用コーティング」のご用命、誠にありがとうございます!

 

施工内容 サイズ:XL

・マット塗装専用コーティング

・スーパーガラスコーティング
(ALL:サンルーフ含む、フロントワイパー交換)

 

 

実は、弊店にご入庫する1か月前から何度かメールのやり取りをしておりました。

オーナーは、マット塗装に関する知識もあり、ご自身でのお手入れには「純水」を使用するなど、マット塗装のお車を維持されることに充分な環境が整っておりました。

今回は、気になるシミや汚れの除去と、マット塗装にふさわしいコーティング施工をご依頼いただきましたので、心を込めて施工させていただきます。

 

まずは実車を拝見させていただき、塗装の状態を確認させていただきました。

 

 

メルセデスベンツG63AMGのコンディション

積載車でお引き取りに伺い、お車を拝見させていただきました。

G63AMG

砂埃や雨の跡が残っているものの、コーティング施工前の下地処理で落とせるシミや汚れが多かったのですが、所々に「取れないシミ・汚れ」が付着しておりました。

ボディに付いている黄色い付箋みたいなものは、弊店でお預かりした際に、気になるシミや傷のあるところを分かり易くするための目印にしているものです。

あと、「タイヤワックス」はなるべく使わないほうがいいですね。

しっかり拭き取って飛び散らないならばOKですが、ほとんどの場合、ボディに飛んでしまっています。すぐに洗車して落とせばいいのですが、そのボディに付いたタイヤワックスが塗装に浸透して「取れないシミ」に成長してしまうと厄介です。

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

マット塗装の特性上、研磨機(ポリッシャー)が使用できない為、「取れるシミ・汚れ」「取れないシミ・汚れ」があるのも事実。

 

例えば、、、

G63AMG

見えますでしょうか。中央に薄い線傷があります。

通常の塗装であれば、この程度の傷はコンパウンドで磨けばウソのように消えて見えなくなります。ところがマット塗装はコンパウンドで磨くことは厳禁ですので何も対応することができません。

 

G63AMG

フロントドアの下に付きがちな水アカ。ある程度薄くもなりますし、目立たなくなりますが、塗装に浸透してしまっている汚れは完全に除去することはできません。

時間の経過と共にシミが固着してしまいますので、早めの対応や対策が必要となります。

 

なかなか撮影が難しいのですが、ボンネットの写真を見てください。

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

よく見かけるシミだと思いますが、塗装表面に留まっているシミは除去可能です!

スッキリと専用ケミカルで除去していきます。

 

G63AMG

G63AMG

このフロントグリル周りの汚れも、丁寧に作業していけば落ちる汚れです。

フロントバンパーの段差部分にあるシミは、たまに手強いものもありますが、この程度であれば大丈夫です。

 

ドアハンドル周り

G63AMG

左フロントフェンダー

G63AMG

フロントバンパー左角付近

G63AMG

この汚れやシミも除去可能です!ご安心ください。

 

マット塗装に付着した汚れやシミは、専用のケミカルで除去していくのですが、たまにあるのが「不明な液剤で塗装表面がやられている場合」があります。それは汚れを落とす液剤なのか、コーティングなのか、塗装表面が変化していたり、明らかに人為的に拭き取ったような跡が付いている場合があります。

 

この場合は時間が経過すればするほどリカバリーできない場合がありますので、シミの除去やコーティング施工する場合はくれぐれもご注意ください。

 

一番最初の汚れ落としの対応で、運命が左右されます。マット塗装に対する正しい知識と対応を熟知している専門店に依頼することをおススメします。

 

 

マット塗装って普通の塗装と違うの?

このG63AMG、純正マット塗装で、通常のお車とは塗装が異なるために、そう簡単には水アカが落とすことができません。

マット塗装(艶消し塗装)と言われる塗装は、あえて艶が出ないように、表面を凸凹させている塗装になります。

凹凸の塗装表面に当たった光が乱反射して「しっとりとしたツヤ」や「艶無し」と言われるマットな質感が表現されるのです。

一方で、この塗装表面の凸凹を無くしてしまうと光が乱反射せずに艶が出てしまうため、塗装下地を整える研磨機(ポリッシャー)を使うことができないのです。

 

 

 

マット塗装の悩み

マット塗装を所有した人だけが感じる悩みは「汚れがつきやすく、しかも落としにくい」ところ。

マット塗装は、塗装表面がザラザラしていて、凹凸があるのでどうしても汚れが詰まりやすいんです。大気中の砂埃や、大気中の排気ガスの塵などが凹凸の目の中に入り込んで取りにくいんですね。

しかも、手垢(油分)もつきやすく、ボンネットやドアを触ると指の跡がしっかり残ってしまいます。

G63AMG

G63AMG

マット塗装の車のオーナーは、マメに洗車ができる人でないと中々厳しい部分があります。

 

 

マット塗装の汚れ落とし

付いてしまった汚れはどうしたら良いのでしょうか。

結論から申し上げますと“汚れに合わせたケミカルを使う”ことになります。

 

通常の塗装ですと、薄い傷や頑固な水アカはコンパウンド(研磨剤)を使って簡単に落とすことができます。

しかし、マット塗装は「コンパウンドが使えない」のです。

強い力で塗装面を擦って汚れを落とそうとすると、その部分だけ艶がでてしまい、塗装面にムラができてしまいます。

 

また、コンパウンドを使ってしまうと、塗装表演の凹凸が消えてマット感が無くなり、これもまた艶が出てしまう原因となります。

コンパウンドを使ったところだけ普通の塗装のようにツヤツヤになってしまいますのであの柔らかな薄っすらとしたやさしい輝きが無くなってしまうのです。

 

コーティング施工完了!

G63AMG

迫力のあるデザインですね。

G63AMG

G63AMG

バンパー中央にある2枚のカバーは、通常のG63であればクロームパーツですが、こちらのお車はブラックになり、顔周りの印象がグッと引き締まります。

G63AMG

G63AMG

G63AMG

このしっとりとしたツヤがつたわりますでしょうか。

G63AMG

G63AMG

G63AMG

スッキリと仕上げるためには、傷や汚れを見やすくする「専用照明」で照らし、塗装表面を確認しながら塗装下地を整えていきます。

《作業途中》

G63AMG

施工完了。

G63AMG

ボンネットを開けて、「専用照明」で塗装表面を確認します。

《作業途中》

フロントフェンダーなどにまだまだ汚れがついています。丁寧に除去していきます。

G63AMG

ボンネットも照明を当てながら塗装表面を確認していきます。

G63AMG

 

完成!

G63AMG

 

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

マット塗装でない場所はしっかりポリッシャーで研磨します。

G63AMG

G63AMG

今回は、スーパーガラスコーティングも承っておりますので、窓ガラスには強力な撥水加工が施されています。

G63AMG

G63AMG

エディションマットブラックのG63AMGは1本出しマフラーなのですが、2本出しマフラーに変えていますね。

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

カーボンインテリアパネルがエディションマットブラックであることを主張しています。

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

 

完成後のご納車日当日。

生憎の雨でした。積載車に積みこもうと思った瞬間、雨が止んだため、急いで拭き上げました。

折角なので曇り空の下で撮影。

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

このたびは横浜市よりご入庫くださいまして誠に有難うございました。
数ある施工専門店から弊店をお選びいただき重ねて御礼申し上げます!

 

仕上がりはいかがでしたでしょうか。
マット塗装にコーティング施工することで、艶消し感をそのままに、塗装をしっかり保護します。

 

なお、弊店の最大の売りである「定期メンテナンス無料」の付帯が残念ながらできませんので、定期的な再施工をおすすめしております。(塗装コンディションを見ながら再施工のタイミングを計っていきましょう)

 

ご不明な点や、ご使用になられて不安な点などがございましたらお気軽にお問い合わせください。

今後ともどうぞよろしくおねがいします。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です