【受付時間】10:00〜19:00 (日曜日 定休)
キャンペーン情報

ウォータースポットから車を守るたった一つの方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ウォータースポットとは

雨

ウォータースポットは塗装を浸食した状態の水シミのことです。付着した塗装表面をよく見ると、凹んだクレーターのようになっています。

ウォータースポットは、水シミが塗装面に付着してすぐに出来るものではなく、多少時間をかけて成長したものになります。ウォータースポットに成長する前段階の水しみは、私たちの業界では「イオンデポジット」と呼んでいます。

 

雨や水道水

イオンデポジット

ウォータースポット

 

イオンデポジットは、身の回りですと、お風呂の鏡についている白いシミがあります。普段のお掃除でなかなか取りにくいですよね。あのシミは、水道水に含まれるカルキや塩素、ミネラルなどの成分がシミになったものです。石鹸カスなども含まれていますね。

車の場合は、水道水の他に雨水の影響も受けますので、車にとってのイオンデポジットは更に手ごわく、性格は十人十色で様々です。

雨水には、砂埃が混ざっていたり、黄砂や、排気ガスの成分、工場排煙の成分等が含まれている場合があります。大気の状態に影響を受けるので、車を使用する地域によっても異なるでしょう。

車の塗装面につくシミは、他にも、樹液、ウォッシャー液や、道路にまかれる融雪剤が解けた水もあります。特に融雪剤は主成分が塩化カルシウムですので腐食の原因になりますので特に注意が必要です。

 

どうしてウォータースポットが出来るの?

イオンデポジット

ウォータースポットが出来てしまう仕組みは、まず、塗装面に不純物の混じった水(雨水や水道水)が降りかかり、塗装面に付着します。やがてその水は蒸発するのですが、その時に不純物を塗装面に置き去りにしてしまいます。

まだこの段階では、雨シミ・水シミの段階ですので、この時のシミはイオンデポジットとなります。イオンデポジット(塗装面に置き去りにされた不純物)は塗装との相性が良くて、塗装面に固着します。

最初は薄いシミのような感じなのですが、そのシミも、ミクロの世界では、塀で囲まれたような構造になっています。

イメージとしては、ペットボトルのキャップを逆さまに置いた感じです。そしてそのままの状態で次に降りかかってきた不純物を含む水は、そのシミでできた塀の中に溜まり、やがて水だけが蒸発します。

さらに降りかかってきた水も蒸発し、不純物を置き去りにしますので、最初のシミで出来上がった塀の高さを増す結果となります。蒸発する過程で、シミがどんどん硬くなり、普通の洗車では落ちなくなります。

厄介なことに、不純物でできた塀は、時間の経過とともに、塗装面にどんどん食い込んでいきます。クリア層の浅いところでとどまってくれればまだ何とかなりますが、クリア層の奥深いところまで浸食されてしまうとお手上げです。再塗装で改善するしかありません。

↓イメージ(月の表面のクレーター)

 

塗装の構造

塗装の構造

参考→研磨ってどこまで磨くの?塗装とコーティングの基礎知識

 

ウォータースポットから守るたった一つの方法

ウォータースポットから守るたった一つの方法は、マメに洗車する だけです。

たったそれだけなんです。先ほどもお話ししましたように、ウォータースポットが出来るまでは多少時間がかかります。

ウォータースポットができるまで

雨・水道水が塗装面に付着

乾燥

水に含まれる不純物が塗装面に残る
(イオンデポジットとなる)

固着

塗装を侵食

ウォータースポット

 

塗装面に固着する前に、除去してしまえば、塗装を侵食することもないですし、ウォータースポットまで成長しません。

雨が降ってボディーが汚れたら洗車をしてください。ただ洗車をするのではなく、正しい洗車をおこなってください。

 

ご参考→コーティングに影響する洗車(水洗い)のポイントとは?

 

・ボディーが高温の時に洗車しない(夏の炎天下、日差しが強い時)

・ボディーが乾かないうちに吹き上げる

 

洗車するときは、最低限、この二つは守ってください。基本ルールを怠りますと、洗車の頻度が増えれば増える程、ウォータースポットが発生してしまう、本末転倒になります。実は、雨水もシミをつくる原因となりますが、雨水に含まれている不純物はさほど怖くはなくて、水道水のほうが強烈です。水道水が塗装面で乾かないようにさえしていただければシミをある程度防ぐことができます。とにかく水道水は気を付けてください。たまに見かけますが、ガソリンスタンドの洗車機で洗車してそのまま自然乾燥は、絶対にしないでください。

 

雨シミ(イオンデポジット)ができてしまったら?どうするの?

ウォータースポットの原因となる雨シミ(イオンデポジット)がボディについてしまったら、初期の段階であればシャンプー洗車で落とすことができますが、やむを得ず固着してしまった場合には、専用の除去剤(主に酸性の溶剤)を使用しなければなかなか取れません。除去剤でもダメな場合は研磨で落とすことになります。

シミの性格

私たちの経験上、塗装面に付いてるシミがすべてイオンデポジットであるわけでなく、性質や状況に合わせたケミカルを選択して使用しております。

実はシミにも色々性格がありまして、言うこと聞かない悪い子もいます。私たちが使用するケミカルは主に二種類を使い分けています。

  • 酸性ケミカル
  • アルカリ性ケミカル

落としたい汚れの性質を見極め、もしくはケミカルによって確かめながら汚れを落としています。

 

汚れの種類と適応ケミカル

塗装面のシミや汚れには酸性のものとアルカリ性のものがあります。

  • 酸性の汚れ・・・油汚れ、排気ガス、虫の死骸など
  • アルカリ性の汚れ・・・イオンデポジット、雨シミ

このような汚れの性質を知り、適応するケミカルを選択するのです。酸性の汚れには、中和させる働きのあるアルカリ性のケミカルを使用し、アルカリ性の汚れには酸性のケミカルを使用するのです。

しかしながら、塗装面にある汚れの判断が難しい時があります。それもそのはずで、目の前にあるシミは、雨、水道水、劣化した撥水剤やコーティング剤などが絡み合い、単純ではないのです。そういった場合は、酸性ケミカルで落としてみて、落ちにくいようであればアルカリ性ケミカルも試してみるようにしています。ほとんどの場合、これでいけます。ただし、花粉シミに関してはケミカルで落とすことが難しく、洗車方法を工夫して落とすことになります。

 

参考→花粉の恐怖、花粉シミがついてしまったらどうする?

 

私たちの取り組み)コーティング施工前の洗車が重要

洗車

私たちがコーティング施工を承って、まず最初に作業するのが洗車となります。この洗車の工程でしっかり汚れやシミに対応すれば、塗装へのダメージを最小限にすることができます。

 

エンブレムの黒ずみや、ドアの付け根部分の黒い汚れ、モールの際の黒ずみなどをしっかり落とします。塗装面の汚れも、とかく研磨機に頼りがちなのでしょうが、研磨する前処理で、ある程度落とすことができれば、研磨でガッツリ磨くことをしなくても良いのです。

 

私たちは、不用意な研磨はしません。貴重なクリア層を守っていくことを重要視しております。大切なお客様の財産ですから。

 

重度のウォータースポット

塗装に食い込んっでしまい、クレーターのようなウォータースポットは私たちの力をもってしても取り切れない場合がございます。塗装のクリア層の深くまで入り込んでしまったウォータースポットは研磨で深追いせず、ある程度追い込んでから研磨をやめます。塗装を薄く削って得られるメリットが無いからです。

 

塗装が薄くなる、ということは、「生涯可能研磨回数が減るからダメ」、という意味もありますが、より重要な意味は、塗装の耐久性が落ちることで外的要因からボディを守る力が弱くなる、ということです。塗装が薄くなることによって、紫外線やイオンデポジットの影響を受けやすくなってしまうのです。

 

まとめ

  • ウォータースポットから守るたった一つの方法は、マメに洗車する
  • 正しい洗車方法で洗車する
  • イオンデポジットや汚れの性質により、使用するケミカルを選択する 

 

過酷な環境下で、愛車を守るためにおススメなのが“ガラスコーティング”になります。強固な100%無機質のガラス被膜で愛車を覆い、防汚性、耐候性に優れています。怖いウォータースポットに攻められないためにもしっかりとした“お城”を築いて愛車を守っていきましょう。

 

※念のためですが、100%無機質のガラス被膜と言えども、外的要因を100%防御することはできません。

→ブランズコーティング

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です