【受付時間】10:00〜19:00 (日曜日 定休)
キャンペーン情報

CLS220dにプロテクションフィルム施工!【横浜市】

 
CLS220d
この記事を書いている人 - WRITER -

メルセデスベンツCLS220dにモールプロテクション施工をしました

輸入車・高級車を中心にコーティング施工しているブランズでございます。今回は横浜市よりメルセデスベンツCLS220dが入庫しました。

 

モールをプロテクションフィルムで保護する施工をご用命いただきました。

ありがとうございます!

 

メルセデスベンツCLS220dのモールコンディション

比較的キレイなコンディションで、大掛かりな下地処理作業も不要でした。

日頃のお手入れがしっかりなされている証拠ですね。

 

屋外保管でしたので、ボディのケアは今後の課題となりそうです。

お車の”キレイ”を何なりとご相談ください。弊店がしっかりサポートさせていただきます!

 

メッキモールの白シミ

メルセデスベンツにお乗りの方の多くが悩まされる“メッキモールのシミ”

窓枠のモールやルーフレールにこびりつく、あの白いシミ。

 

欧州車にお乗りの方のほとんどが悩まれていることと思います。

 

モールのシミが気になる人

・ボディがツヤツヤなのにモールがシミだらけ

・ドアを開ける時に気になるんだよなー

・洗車しているとモールがキレイにならなくて・・

・輸入車ってモールもホイールも汚れやすいんだな・・

 

悩ましいですね。

 

そんなあなたのお悩みを解決してくれるのが

プロテクションフィルムでモールを保護する方法です!

 

 

モールについているシミの正体

モールの表面についた白いシミの正体は錆(サビ)です。

高温多湿の日本では湿気が多く、錆が発生しやすいのです。

 

また、水道水もシミの原因となる場合があります。

水道の水をかけて炎天下で放置すれば簡単にシミが出来上がります。水道水にはミネラル成分が含まれておりますので、空気に触れて酸化したものがモールに付着してしまうのです。

 

その他、大気中の様々な物質が雨に溶け、モールに付着することでシミや錆になる場合もあります。

 

 

モールについてしまったシミへの対策

モールに頑固に固着した白いシミは、普段の洗車で落ちるようなシミではありません。

 

洗剤でこすってもダメ。

研磨剤入りの溶剤で研磨してもダメ。

メッキクリーナーで磨いても思うように落ちません。

 

 

ここで大切な注意事項がございます。

それは、

ご自身でいろんな液剤や研磨剤でシミを取るのは、おやめください。

 

なぜなら、一度溶剤等で変化したモール表面はリカバリーできない場合がほとんどです。

さらに、モールだけでなく、ボディの塗装表面にまで影響を及ぼす場合があります。

取り返しがつかない状況になりましたら私共でもお手上げです。

 

モールのシミへの対策は、私どものような専門店に依頼するのがよいと思います。

 

モールプロテクションフィルム施工

モールが白くなってしまって、その対策として生まれたのが「モールコーティング」でした。

しかしモールコーティングは、一度はピカピカに綺麗になりますが、長期間それを維持するには、力不足でした。

保管環境によっては半年くらいでうっすらと白いシミが発生し始めて、結局もう一度施工しなければならなくなり、手間がかかっておりました。

やはりメッキモールのシミ対策は、これまでのモールコーティング施工ではなく、プロテクションフィルムで保護する工法がおススメになります。

 

おそらく、現時点でモールを保護して、モールの色合いや輝きを長期間維持する方法としては最強になるのではないでしょうか。

 

予めデータカットされたフィルムを使用

あらかじめ、車両データを取り、モールの形状に合わせてデータカットしたフィルムを施工します。(弊店は、メルセデスベンツのデータはほとんど揃っておりますが、他の車種については実車採寸によりデータ取得、カットをします)

 

なぜ、予めデータカットされているフィルムを使用するのでしょうか?

施工効率を向上させることにもつながっているのですが、何より、切断面が綺麗であること。

カッター等で切断した場合は切断面が角ばってしまい、洗車等でウエスの引っかかりの原因となってしまいます。

 

また、施工上、実車合わせでカットする場合、刃が車体に当たってしまうリスクがあるため、事前にカットされたフィルムを使用するのです。

モールプロテクション

モールプロテクション

この施工により、プロテクションフィルムが代わりにダメージを受けてくれるため、モールが守られ、シミや錆の発生を最小限に抑えることが可能となります。

 

 

プロテクションフィルムって何?

スーパーカーなどの塗装表面に貼って、傷や飛び石からボディを守るために施工する人が増えましたが、プロテクションフィルムは、特殊なフィルムで、ボディーやモールを保護する透明なフィルムになります。

 

透明度の高い、柔軟性のあるフィルムになります。

 

みなさんも、スマートフォンにフィルムを貼ったことありますでしょうか?

 

あの感じです。

 

フィルム自体の厚みは、一般的なセロハンテープを3枚くらい重ねた感じです。

 

プロテクションフィルムは耐候性に優れ、フィルム自体は約3年以上性能を維持します。

フィルム自体に柔軟性があるため、受けた衝撃を吸収する特性があります。

 

 

メルセデスベンツCLS220dの施工完了!

プロテクションフィルムの施工は、窓ガラスに貼るフィルムと同様に、専用の液剤をたっぷり貼り付け面につけ、フィルムをのせて空気と液剤を抜いていく作業になります。

右の運転席側の窓枠メッキモール箇所です。

プロテクションフィルムの施工

プロテクションフィルムの施工風景

プロテクションフィルムの施工

左半分は液剤を抜いたところで、右半分はまだ液剤がぬけてないところになります。

プロテクションフィルムの施工

 

液剤を抜き、しっかりフィルムを貼り付けてひとまず、完成となります。

 

なぜ、”ひとまず”なのかは、フィルム内の液剤は、張りこみ直後は多少フィルム内に残っておりまして数日後に乾燥して完全に抜けていくからです。

そのあたりは、施工後の「施工証明」と共に、「施工後数日の取り扱い」という説明書をお渡ししております。

 

《プロテクションフィルム施工完成!!》

CLS220d

CLS220d

CLS220d

CLS220d

CLS220d

左側ドアミラーの付け根あたりの写真です。モールより数ミリ小さめにフィルムを貼っています。

ギリギリまで貼り込みすると、フィルムが剥がれやすくなり、恐らく洗車の度にウエスが引っかかりやすくなってしまいます。

CLS220d

見にくいと思いますが、フィルムの角がラウンドカットになっています。

CLS220d

フロントドアとリヤドアの間。

CLS220d

CLS220d

CLS220d

CLS220d

右リヤドアとピラーの間付近の写真です。

CLS220d

CLS220d

CLS220d

CLS220d

CLS220d

CLS220d

CLS220d

CLS220d

内装色が珍しかったのでつい撮影してしまいました。スポーティな色合いです。

グレーアッシュウッドのウッドパネルの色合いとのバランスが絶妙ですね。

CLS220d

CLS220d

CLS220d

CLS220d

CLS220d

CLS220d

CLS220d

CLS220d

CLS220d

CLS220d

 

 

欧州車のメッキモールのシミ対策にはモールプロテクションフィルムがおススメです。

お車のコンディションにより多少金額に変動がございますので、まずは実車を拝見させてください。

 

遠方で何度もご来店できない場合は、写真で判断することも可能です。

遠慮なく、ご相談ください。電話、お問い合わせメールからお願いします。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です