【受付時間】10:00〜19:00 (日曜日 定休)
キャンペーン情報

GLC220d クーペのコーティング施工・ ホイールのお手入れ方法もご紹介!

 
メルセデスベンツGLC220d
この記事を書いている人 - WRITER -

目黒区よりメルセデスベンツGLC220d 4マチッククーペをご入庫いただきました

ただいま開催中の“WEB限定キャンペーン”のお申込みでご入庫いただきました。

ありがとうございます!

 

新型GLC220d4マチッククーペです。

 

メルセデスベンツGLC220dホイール

19インチのAMGツインスポークアルミホイールを装着したAMGライン。

 

 

メルセデスベンツGLC220d

ヘッドライトはマルチビームLED。

 

 

メルセデスベンツGLC220dエンブレム

エンブレムはGLC220dの文字。排気量は、従来の2.2Lから2Lに変更されました。ディーゼルエンジンはトルクが太くて力強い走りが楽しめるんですよね。

 

さて、今回お預かりした車は、新車でしたので、下地を調整して、エシュロンコーティングを施工しました。

 

《施工内容》LLサイズ

・エシュロンコーティング施工

・ホイールコーティング施工

 

 

ホイールコーティングはボディコーティングと違うの?

 

 

ホイールのコーティング

今回ご用命いただきましたホイールコーティングですが、当然ホイール専用のコーティング剤になります。

 

ボディーに使うコーティングとホイールのコーティングは特性が異なります。

 

ホイールはブレーキング時にかなりの熱を持ちます。そしてブレーキから出る「ブレーキダスト」も直に受けています。

 

熱、ブレーキダストからホイールを保護しなければならないため、耐熱性が高く、強硬度なものでなければなりません。

 

特にドイツ車はブレーキダストでホイールが汚れやすい傾向がありますので、洗車した時にサッと汚れが落ちて、同時に汚れがホイールに固着しないようにしたい部分です。

 

参考→ベンツのホイールの汚れがひどい!なんで?

 

そこで、ホイールを保護する「ホイールコーティング」が役割を発揮します。

 

ホイールコーティングの役割

・ブレーキダストが落としやすい

・ホイールに直接汚れが固着しづらい

・ホイールの表面保護

 

 

ホイールのお手入れ方法

今回、ホイールコーティングを施工しましたので、汚れにくく、汚れが落としやすくなっておりますが、「おすすめのお手入れ方法」をご案内しておきます。

 

 

ホイールの汚れを浮かす

ホイールにコーティング被膜が密着していますので、水で良く湿らせてください。高圧洗浄やホースで勢いよく水をかけるだけでもある程度の汚れは落ちます。

 

水をしっかりかけることで、表面についたブレーキダストがある程度落とせますので傷がつきにくくなります。

 

ブレーキダストは鉄粉ですので、鉄粉を引きづりながらホイールを擦ると傷が入ってしまいます。

 

その他、高速走行後などのホイールが熱くなっている時は、水をかけて温度をしっかり下げてから洗ってください。

理由は、水が蒸発しやすくなるからです。水には多くのミネラルが含まれておりますので、急激に乾かしてしまうと水シミの原因となってしまいます。

 

使用するブラシは柔らかいものを

コーティングによりブレーキダストの固着はしにくくなっています。毛先の硬いブラシでゴシゴシするのはダメです。いくらコーティングが硬化系と言っても耐えられません。コーティング被膜に傷が入りますし、ホイールにも傷が入る恐れがあります。

 

柔かいブラシ(先端がスポンジや柔らかい毛のもの)を使って汚れを落としてください。

 

ホイールに使用したブラシはホイール専用としてボディに使用しないようにしてください。ブラシやスポンジに入った鉄粉で傷が入ってしまいます。

 

ホイール洗剤は中性洗剤

水洗いだけだと汚れが落ちていないような気がする方は、洗剤を使用してください。

市販されているホイールクリーナーもいくつか種類がありますので、成分を見ながら購入して使用してください。

強力なクリーナーシャンプーの中には強酸やアルカリ性のものも多く見くけられます。スプレーして鉄粉が紫色に変色する鉄粉クリーナーも有効ですが、こちらも中性のものを使用してください。

 

 

ホイールコーティングの効果を長く保つために、最適なお手入れ方法で綺麗にしていただければと思います。

 

ホイールを洗ったあとは水滴を拭き取ることを忘れずにお願いします。水シミになってしまうと落とすのが大変になりますので。

 

ホイールコーティング施工

まずはホイールコーティング!

ホイールをしっかり洗浄後、丁寧にコーティング剤を塗布していきます。

メルセデスベンツGLC220dホイール

メルセデスベンツGLC220dホイール

メルセデスベンツGLC220dホイール

 

ホイールについたコーティング剤の余剰分を拭き取ります。

メルセデスベンツGLC220dホイール

細かい所の拭き残しが無いように丁寧に。

メルセデスベンツGLC220dホイール

右フロントホイールのコーティング施工完了!

メルセデスベンツGLC220dホイール

メルセデスベンツGLC220dホイール

ホイールのコーティング

 

右リヤも丁寧にコーティング剤を塗布

ホイール

ホイール

 

 

左フロントホイールもコーティング剤塗布。

ホイールコーティング

ホイールコーティング

完成!

ホイールのコーティング

 

 

 

 

エシュロンコーティング施工完了!

メルセデスベンツGLC220d

メルセデスベンツGLC220d

メルセデスベンツGLC220d

メルセデスベンツGLC220d

透明感のあるツヤツヤなボンネット

メルセデスベンツGLC220d

メルセデスベンツGLC220d

メルセデスベンツGLC220d

細かいグリルは施工者泣かせですが綺麗にします。

 

メルセデスベンツGLC220d

メルセデスベンツGLC220d

 

違う角度から

メルセデスベンツGLC220d

メルセデスベンツGLC220d

 

右斜め後ろから

メルセデスベンツGLC220d

 

メルセデスベンツGLC220d

メルセデスベンツGLC220d

メルセデスベンツGLC220d

 

メルセデスベンツGLC220dエンブレム

メルセデスベンツGLC220d

メルセデスベンツGLC220d

メルセデスベンツGLC220d

 

 

ルーフもツヤツヤ

メルセデスベンツGLC220d

メルセデスベンツGLC220d

メルセデスベンツGLC220d

メルセデスベンツGLC220d

 

ドアモールも一緒にコーティングしておきました

メルセデスベンツGLC220d

メルセデスベンツGLC220d

メルセデスベンツGLC220d

メルセデスベンツGLC220d

メルセデスベンツGLC220d

 

サイドステップにMercedes‐Benzロゴプレートが輝きます。

お客様のご意向で、保護シートは剥がしませんでした。

メルセデスベンツGLC220d

 

内装のクリーニングをして内窓の拭き取り。

窓ガラスは少し下げて淵を拭き上げます。

メルセデスベンツGLC220d

 

 

 

このたびは目黒区よりご入庫くださいまして誠に有難うございました。

仕上がりはご満足いただけましたでしょうか。

 

今後ともどうぞよろしくおねがいします。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です