【受付時間】10:00〜19:00 (日曜日 定休)
キャンペーン情報

トヨタ アルファードのコーティング施工事例【町田市のお客様】

 
アルファード正面
この記事を書いている人 - WRITER -

輸入車を中心にコーティング施工をしているブランズです。最近、アルファードの入庫が増えて参りました。

アルファード

街中でも良く見かけますし、納車待ちになるほどに販売が好調な車です。大型グリルの顔つきは存在感を感じます。

 

お乗りになっている方が多い分、弊店でのお取り扱いも増えて参りましてコーティング施工のご依頼を承ることが多くなりました。(輸入車中心に・・・と申し上げておりますが、アルファード、レクサスの施工も当然ながら得意としております)

 

アルファードにお乗りの方、コーティングは施工されておりますでしょうか?お車を購入される時に販売店からおススメされましたか?

 

 

アルファードの塗装は、ご存知の方も多いかと思いますが、「セルフリストアリングコート」という自己修復性耐すり傷塗装が採用されています。

 

“耐スリ塗装”とか自己修復塗装“なんて言われております。傷が付かないですよ、という傷に対する耐性があると言うよりも、薄い傷であれば自然と修復する機能を持ち合わせています、という塗装になります。

 

しかも塗装構造のすべてが修復性塗装では無く、厳密にいうと、自己修復性耐すり傷の性能を持ったトップコートとなります。

 

日産にも同様の機能を持った塗装が採用されております。ちなみに日産はスクラッチシールドと呼ばれておりまして、同様の性質を持っておりますが、塗装の構成が異なります。

 

参考→アルファードのコーティング施工はどうすれば良いの?

 

自己修復塗装ならコーティングは必要なし?

アルファード

塗装自体に傷を修復する機能があるのであればコーティングなんていらない、と思った方もおられるでしょうが、自己修復塗装も万能ではありません。吸収して復元可能な力や傷の入り方には対応しますが、それを超える力や、深い傷には修復機能が働きません。しかも、特殊な塗装ですので、万が一塗装をしなければならない時には、通常の塗装に比べ、単価が上がってしまうことは避けられません。

 

傷を修復してくれる塗装

塗装表面の小傷が減る→傷による乱反射が減少する→乱反射によるクスミがでづらい→艶の維持

 

という良い流れが考えられますが、自己修復塗装も過酷な外部環境に晒されることで汚れますし、シミもついてしまいます。

日ごろのお手入れを怠れば、ほかの車と同じように汚れがこびり付いて落としにくくなります。塗装表面の柔軟性は、ウォータースポットを促進させてしまうデメリットもあるため、できれば新車早々に、塗装表面を保護してあげるのが良いと思います。

 

アルファードにおススメのコーティング

アルファード

自己修復塗料は、柔軟性のある、クリア層が柔軟に活躍できるようにしてあげないと修復機能を阻害してしまいます。おそらく、ディーラでコーティングを勧められた時、そのような説明を受けたのではないでしょうか。

 

“ガラスコーティングのような硬くて、硬化系のコーティングよりは、柔らかい柔軟性のあるコーティングで、塗装の特性を活かすものをお勧め致します。”と。

 

塗装特性を考えると、コーティングの選択肢は次の通りになると思います。

 

➀自己修復機能を阻害しない柔軟性・弾力性のある柔かいコーティング

②自己修復機能を阻害しても塗装面を強固に保護する硬化系コーティング

 

柔かいコーティングは、主にワックスコーティングやポリマーコーティングで、硬化系コーティングは主にガラス系、ガラスコーティングとなります。

 

自己修復塗装も、汚れやシミの付着がありますし、柔らかいが故のデメリットも存在しているのが事実です。あとは、ご自身の価値観で選択するしかありませんが、弊店としては、②の自己修復機能を阻害しても塗装面を強固に保護する硬化系コーティングで、「ガラスコーティング」をおススメしております。

 

自己修復塗装は、傷を修復する機能でカバーできる範囲が少ないのと、塗装が柔らかいことによる弊害のほうが大きいからです。自己修復塗装も、通常の塗装のように汚れますしシミも付きます。塗装面で汚れ等がスクラムを組まれてしまうと中々落とすことが難しくなります。

 

うす傷や線傷の影響よりも、塗装への汚れの浸透や、シミになるリスクのほうを防ぎたいですし、日ごろのお手入れ汚れが落ちやすいほうが良いはずです。それに雨に降られたり、洗車によりコーティングが落ちてしまうのも嫌だと思いますので、ガラスコーティングをおススメしているのです。

 

そうは言っても「折角の高機能塗装の効力を存分に味わいたい」という方には、塗装への追従性の高い「エシュロン」をおススメします。エシュロンはガラス系コーティングとなります。

 

施工後、大気と化学反応し、塗装面にガラス被膜を形成します。ポリマーコーティングよりも耐久性が高く、外部環境から塗装を保護します。ガラス系コーティングの中でも、柔軟性が高く、塗装への追従性の高いコーティングですので、ガラス被膜で覆われているのに自己修復機能を阻害しにくく、おススメのコーティングとなります。

 

 

今回のアルファードへの施工

 

施工内容

・エシュロンコーティング施工

・ウィンドコーティング施工

 

 

新車納車後すぐにご入庫いただきましたので、塗装のコンディションは良く、膜厚を十分に残した下地処理をしました。新車の場合、幾度かの洗車をした時のヘアースクラッチが目立ちますので、丁寧に除去していきます。

 

 

コーティング施工完了!

アルファード

アルファード

アルファード

 

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

アルファード

このたびは町田市よりお越しくださいまして誠に有難うございました。

数ある施工専門店から弊店をお選びいただき重ねて御礼申し上げます!

素敵な車で、楽しいドライブを満喫してください。

 

今後ともどうぞよろしくおねがいします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です