【受付時間】10:00〜19:00 (日曜日 定休)
キャンペーン情報

マット塗装のG63AMGにコーティング【渋谷区】

 
G63AMG
この記事を書いている人 - WRITER -

Contents

エディションマットブラックのG63AMGが入庫しました

G63AMG

東京都渋谷区のメルセデスベンツG63AMGが入庫しました。

コチラのお車は、普通のマット塗装のG63AMGと異なり、特別仕様の“エディションマットブラック”のG63AMGになります。

 

外装は、特別仕様車限定のデジーノマグノナイトブラックと22インチマットブラックホイールが装着されており、AMGナイトパッケージが標準装備。

 

前後バンパーのアクセントパーツは、一般的なG63AMGに設定されているクロームではなく、ブラックになり、他にもスペアタイヤカバー等もブラックになります。

 

ウィンカーレンズ、ヘッドライト、リアコンビネーションランプがダークティンテッド仕上げで少し黒みがかった感じでAMGの精悍なイメージにピッタリです。

 

内装は、随所にカーボンインテリアパネルが装着されているのも特徴的です。

 

そんな希少なG63ANGですが、オーナーより、「外装の水垢除去をして欲しい」との事。

水垢除去の単品メニューがございませんので、マット塗装専用コーティングをおススメすることとなりました。

 

ご依頼ありがとうございます!

 

弊店では、マット塗装のお車に「マット専用コーティング」を施工しておりますのでご安心してお車をお預けいただけます。

 

 

G63AMGのコンディション

水垢除去依頼ですので、外装のコンディションが気になりましたが、さほど重症に感じられるものはなく、弊店の基本下地処理で対応できるものと思っておりました。

お引取り当日、雨上がりのタイミングで曇天でしたが外装を確認していきます。

G63AMG

フロントバンパーの上部、ヘッドライトの前辺りはシミのつきやすい箇所になります。

G63AMG

G63AMGのフロントグリル上部。ここもシミが固着しやすい場所です。

G63AMG

G63AMG

G63AMG

何やらムラのような、水アカのようなものが付いています。

G63AMG

G63AMG

フロントグリルの格子状の樹脂パーツは汚れやすい場所です。

G63AMG

フロントガラス下付近もシミが発生しやすいですね。

G63AMG

G63AMG

リヤガラス周りも垂れシミの出やすい場所です。

G63AMG

G63AMG

左フロントフェンダーですが、ムラのように見えます。

G63AMG

マット塗装のGクラスでありがちな、汚れやシミのつきやすい箇所をチェックしていきます。除去しにくそうなムラ、シミ、汚れがついています。

一番びっくりしたのが、右リヤフェンダー部分。フェンダーアーチ部分に目立つシミのようなものが見受けられました。

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

塗装表面が変化してしまっているようで、さすがにこの状態は弊店で何とかなるレベルではなく、いくつかの対策案をご提案いたしました。

 

結論としては、この状態をさらに悪化させないための施しと、目立たなくするための作業をすることとなりました。あくまで、コーティング専門店として対応できるレベルでの限界で対応させていただくこととしまして、ご理解いただきました。

 

 

《施工内容》XLサイズ

・マット塗装専用コーティング

・リヤフェンダー処理作業

 

 

マット塗装って普通の塗装と違うの?

マット塗装(艶消し塗装)と言われる塗装は、あえて艶が出ないように、表面を凸凹させている塗装になります。凹凸によって光が乱反射してツヤがひけたような、深みのあるしっとりとした艶感になるのです。

 

この塗装表面の凸凹を無くしてしまうと光が乱反射せずに艶が出てしまい、普通の塗装と変わらない艶感になります。そのため、塗装表面に水アカや、薄傷がついたからと言って、いつものようにコンパウンドで磨いたら大変なことになってしまいます。

 

塗装表面が削れて、マット塗装の特徴でもある凹凸が無くなってしまいます。結果、コンパウンドを使った所だけツヤツヤになり、使っていない所よりも少し濃い感じになってしまうのです。

 

 

 

マット塗装の悩み

マット塗装を所有した人だけが感じる悩みは「汚れがつきやすく、しかも落としにくい」ところ。マット塗装は、塗装表面がザラザラしていて、凹凸があるのでどうしても汚れが詰まりやすいんです。大気中の砂埃や、大気中の排気ガスの塵などが凹凸の目の中に入り込んで取りにくいんですね。

 

しかも、手垢(油分)もつきやすく、ボンネットやドアを触ると指の跡がしっかり残ってしまいます。マット塗装の車のオーナーは、マメに洗車ができる人でないと維持するのが難しい側面があります。

 

マット塗装の汚れ落とし

付いてしまった汚れはどうしたら良いのでしょうか。

結論から申し上げますと“汚れに合わせたケミカルを使う”ことになります。

 

通常の塗装ですと、薄い傷や頑固な水アカはコンパウンド(研磨剤)を使って簡単に落とすことができます。しかし、マット塗装は「コンパウンドが使えない」のです。しかも強い力で塗装面を擦って汚れを落とそうとすると、その部分だけ艶がでてしまいます。

 

くれぐれもご注意ください。

 

万が一コンパウンドを使ってしまった場合は、弊店でもリカバリーできません。塗装修理か、状況によってはステルスラッピングを施工するかしか方法が無くなります。

 

 

コーティング施工完了!

G63AMG

全体的に潤いのある塗装肌になりました。落とせる汚れやシミは除去されスッキリしました。ミラーカバーは通常の塗装ですので研磨して乱反射の原因となる小傷を除去してあります。

G63AMG

G63AMG

サイドステップの輝き。そしてG63AMGの特徴でもあるサイドマフラーの”マフラーエンド”はピカピカに磨き上げました。

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

ウィンカーレンズ、ヘッドライトがダークティンテッド仕上げ。引き締まります。

G63AMG

G63AMG

格子状のフロントグリルも汚れを除去し、黒光りしています。

G63AMG

G63AMG

マット塗装特有の鈍い光の反射。ボディ形状が強調されます。

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

 

G63AMG

G63AMG

運転席ドアをあけ、イルミネーションステップカバーを撮影。

G63AMG

G63AMG

G63AMG

カーボンインテリアパネルがツヤツヤに輝いています。

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

左リヤタイヤのフェンダーアーチは、艶感が強調されてしまいましたが目立つ白い模様のようなものは目立たなくなりました。塗装表面が変化してしまっている為、完全に除去することはできませんでしたが、これが限界の処置になります。

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

G63AMG

助手席から内装を撮影。

G63AMG

右リヤドアのイルミネーションステップカバー。

G63AMG

 

 

このたびはご入庫くださいまして誠に有難うございました。

数ある施工専門店から弊店をお選びいただき重ねて御礼申し上げます!

 

仕上がりはいかがでしょうか。

マット塗装にコーティング施工することで、艶消し感をそのままに、塗装をしっかり保護します。

 

なお、弊店の最大の売りである「定期メンテナンス無料」の付帯が残念ながらできませんので、定期的な再施工をおすすめしております。(塗装コンディションを見ながら再施工のタイミングを計っていきましょう)

 

ご不明な点や、ご使用になられて不安な点などがございましたらお気軽にお問い合わせください。

今後ともどうぞよろしくおねがいします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。