【受付時間】10:00〜19:00 (日曜日 定休)
キャンペーン情報

コーティング車の洗車方法と注意点~長持ちさせる方法とは~

 
コーティング車の洗車方法と注意点~長持ちさせる方法とは~
この記事を書いている人 - WRITER -

車をいつまでも新車のようにピカピカにしておきたい。

そんなお車好きなあなただからこそ気になっている「コーティング」。

 

コーディングをすると

 

  • 洗車がいらない?
  • 洗車機はOK?
  • 自分で洗っていいの?

 

という疑問が出てくるかと思います。そこでこれから「コーティングをしよう!」と考えているあなたへ、洗車についてのポイントなどをご紹介していきます。

 

1: コーティング車は洗車がいらないと聞きますが

車をいつまでも美しく保つために「コーティング」を行う方が増えています。

特に高級車や大変車好きな方は、コーティングの中でも群を抜いて美しくなる「ガラスコーティング」を選ばれる人が多いです。

 

そんな車のコーティングですが、ガラスコーティングも含めて申し上げますと、コーティングをすれば、ず~っと洗車がいらないということはありません。

ガラスコーティングを検討される方に多いのですが、一度ガラスコーティングをすると洗車しなくてもいい。そんな勘違いをされている方もいらっしゃいます。

 

確かにガラスコーティングをはじめ、車へコーティングを行うと汚れを簡単に弾いてくれます。

雨などもスッと落ちますので、汚れが付きにくいことは間違いありません。

しかし、それでも長期間何もせずに放っておくと、車の塗装面の上に作った被膜の力が汚れによって弱まり、コーティング本来の性能を発揮することができなくなるんですね。

 

そうすると、キラキラした輝きだけではなく、ツルンと雨水が落ちる感じも少なくなり、ボディの色もくすんだような色に見えることが増えてきます。

 

そのため、ガラスコーティングという最上級のコーティングも含めて、コーティングを行った後は定期的に洗車することが必要なのです。

 

では、どのような洗車が必要なのかというと、

(1)コーティングの種類から考えよう

一番目にご理解いただきたいことは、どのようなコーティングをされているのかを知ることです。

そうしないと、コーティングに最適なメンテナンス剤を選ぶことができません。

可能ならコーティングをしてもらったお店に聞いてみるようにしましょう。

 

ガラスコーティングの場合ですと、専用のメンテナンス剤がありますのでショップに相談するのが失敗しなくて、いつまでも長持ちさせることができる方法です。

(2)水洗いだけでもOK

高品質のコーティングが行われているのなら、水洗いだけでもOKです。

 

車についたピッチやタールなどを洗い流すことに重点を置いて洗車するのが良いでしょう。

 

2: コーティング車の洗車で気をつけておきたいこと

洗車をするときには、次のポイントに注意しておきましょう。

 

  • 天気

ホコリや塵、細かな砂が飛んでいないときを選びましょう。

これは花粉を考えてもらうとわかりやすいかと思います。

そうですね、雨上がりの日は花粉が飛びませんよね。

洗車もできれば雨上がりの日に行うのがベストです。

 

  • 細かく洗う

一気にボディ全体を洗って、また全体を順番に拭き上げる方もいらっしゃいます。

でも、洗車で一番なのは、ひとつの面ごとに洗って拭き上げる方法です。

一気にボディ全体を水洗いすると、水分をきれいに拭き取れない場合が出てきます。

 

  • スポンジ

スポンジの硬さにこだわる方もいらっしゃいますが、それよりも大切なのは、スポンジに汚れがついていないかどうかです。

スポンジが汚れていたり、小さな砂や鉄粉がついていたりすると、洗う度にボディへ負担をかけていることにもなりかねません。

 

  • 洗い残しに注意

たっぷりの水で洗いましょう。

水で洗い流す感じが良いですね。

 

3: コーティング車の洗車方法とは

コーティング車の洗車には次のような方法があります。

あなたの予算や時間、手間や場所などを考えて選んでください。

(1)自分で洗う

洗車のオーソドックスなスタイルです。

自分で洗う場合に気をつけておきたいのは水道と場所です。

洗車中は安心して作業が出来る場所を用意しましょう。

 

また水を大量に使い洗い流しますので、屋外に水道があれば一番です。

(2)コイン洗車機で洗う

できれば手洗いがおすすめですが、やむ終えない事情の場合は仕方ありません。

 

できるだけ洗車機についているブラシがやわらかいところを選ぶか、ブラシなしで洗うマシンを選ぶようにしましょう。

 

通常どこにでもある洗車機ですと、ゴムの束を車のボディへ当てて擦っていますので、塗装面には大きな負担になります。

(3)ガソリンスタンドでお願いする

晴れた日にもっていくと、炎天下で洗車されてしまうこともあります。

これは喜べません。

 

ピットの中で洗車してくれるところを選びましょう。

当然ですが、手洗いで。

(4)カーコーティング・磨きの専門店

ブランズのようなお店にお持ちいただければ、専用のスペースで丁寧に洗車させていただきます。

炎天下で洗車することはありませんし、磨くことのプロですのでツールや材料、そして職人の技術もすべて揃っています。

 

1台1台丁寧に洗って磨きますので、洗車機などと比較されるとお時間も費用もかかりますが、洗い上がりの美しさは全く違います。

 

あなたが大変車好きで、大切な愛車をいつまでも新車のような輝きで乗っていたいのなら、カーコーティング専門店や磨きの専門店を利用されるのが安心しつつ満足できる方法です。

 

4: コーティング車の洗車を自分でする方法

もしご自身で洗車されるのなら、次のステップを参考にしていただくと失敗も減るはずです。

(1)準備をしよう

洗車に必要な道具などを揃えます。

(2)足まわりからスタート

ボディよりも先に足まわりからスタートしましょう。

(3)ボディを洗おう

ボディについている細かな汚れを洗い流します。

(4)シャンプーで洗う

水洗いの後は、シャンプーで油分や雨の成分を取り除きましょう。

使用するシャンプーは、研磨剤入りのものは避けてください。

(5)拭き上げ

水分を拭き上げます。

丁寧に拭き残しがないように行いましょう。

(6)ドア

ドアの内側を拭いておきます。

(7)足まわり

足まわりも拭き上げて終了です。

この後、コーティングのメンテナンス剤があれば塗っておきます。

コーティングのメンテナンスは、最初に申し上げましたがコーティングをしてもらったお店に相談してください。

 

それぞれコーティングには特性がありますので、特性にあった材料と方法で行う必要があります。

どれも同じように見えますが、少しずつ違っていることもありますので、慎重にやっておきたい部分です。

 

5: 洗車しても落ちないときは

水洗いでも落ちない。

シャンプーを使っても落ちない。

 

こういった場合は、コーティングを長持ちさせる意味からも、カーコーティング専門店へ相談するのがおすすめです。

 

大きな負担が塗装面へかかる前に、プロの腕ならメンテンスできることがあるかもしれません。

 

6: まとめ

コーディングした車の洗車は、定期的に洗い流すことから始めましょう。

まずはこれだけで十分です。ただし、洗車の“拭き上げ”は重要な工程ですので丁寧におこなってください。拭き残した水がシミの原因となってしまいます。

 

もし洗車の楽しみが出てこられた場合は、シャンプーも使って洗うのが良いですね。

そして数ヶ月に一度は専門のショップへ持ち込んでもらい、コーティングのメンテナンスも兼ねてプロに作業してもらうことで、いつまでも新車のような輝きをキープすることができます。

 

車のコーティングは、人間の歯と同じです。

定期的な検診やメンテナンスで、いつまでも美しい状態で使い続けることができるのです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です